未経験でPHPエンジニアとして就職するには?

PHPエンジニアの転職

PHPはWeb上で動的な動きをさせるために必要なプログラミング言語のひとつです。そんなPHPエンジニアとして働きたいと考えている方のために、PHPとは何なのか、実際にPHPエンジニアに必要な知識や就職するためには何をしたらいいのかなど、今後の将来性を含めてPHPエンジニアに関する不安や疑問について説明していきます。

PHPは具体的に何ができるの?

PHPはプログラミング初心者でも比較的覚えやすいため、一度もプログラミングの経験がない方でも適した言語と言えます。まずPHPでできることは、メールフォームやショッピングカート、掲示板などのシンプルなものがありますが、それ以外にも利用できる用途はたくさんあります。

例えばブログなどの管理画面があるホームページの場合は、IDやパスワードでログインして記事を更新すると、管理ページで書いた内容がホームページに表示されるシステムでCMSというのがありますが、こういったものをPHPで作成することができます。

また大規模なデータを扱う場合は、mysqlなどのデータベースと連携することで、アクセス数が増大してもスムーズにデータのやり取りを行うことができます。

このようにWebにおいてPHPは必要不可欠なプログラムになり、データベースとの連携が簡単でWebアプリケーション開発に適しています。

PHPエンジニアとして就職するには

PHPエンジニアとして就職したいなら、まずは自分でプログラムを作成することです。

応募先の企業は言葉で「PHPができます」と言われても実際に何ができるのか、どの程度のレベルなのかが分からず、特に未経験の場合は不安になります。

そこでそれを判断するために、目に見える形でプログラミングした作品を提出することで、企業側も採用の判断材料になります。

またmysqlのデータベースと連携して、実際に運営しているホームページがあると相手側も興味を持ってくれます。理由は今のWebではPHP単体でプログラミングを行うことが少なく、データーベースとセットで作成することが多いためです。

もちろんメールフォームやアクセスカウンターのような簡単なものはPHPだけで作成できますが、ほとんどの企業はメールフォーム程度のプログラムなら、一度作ってしまえば後は使い回しで利用できるため、一から作り直すことはほとんどありません。

しかしCMSや毎日何万人も利用するようなSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などの場合は、必ずmysqlが必要になるためPHPの知識だけでなくmysqlのデータベースを一緒に勉強することで就職できる可能性を上げることができます。

まずは基本的なPHPを理解し、その後早い段階でmysqlも一緒に勉強していけばプログラミング初心者でも、スムーズに理解することができるはずです。

PHPエンジニアの将来性

PHPプログラムはWeb上において最も重要なプログラムです。今のところPHPに変わる言語が存在していないため、すぐに利用されなくなり、ダメになるということはまずありません。

ホームページが存在し続ける以上は、今後も一番利用されるプログラムになります。またmysqlのデータベースと情報をやり取りするのに適していて大規模なデータを扱うのに便利なので、よほどのことがない限りは、今後もPHPがWeb上で主流のプログラミング言語になります。以上のことからPHPエンジニアの将来性は高いと言えます。

PHPエンジニアについてのまとめ

未経験でプログラミングの知識が無い初心者でも、PHPは他のプログラミング言語よりは扱いやすいので、比較的覚えやすく、データベースも一緒に知識として身につけることで就職できる可能性を上げることができます。

今後もPHPはデーターベースと共にWebで重要な開発を行うときに必要なので、今から勉強することで就職先の幅を広げることができます。