独学でPHPエンジニアとして就職するには?

PHPエンジニアの転職

プログラマと聞くと専門性が高く、未経験者には敷居の高い分野だと思われがちですが、PHPであれば独学でも比較的習得がし易く、求人も豊富であるため就職には有利です。

IT関連企業以外でもホームページを持つことは必須の世の中であるため、サイト作成ができる人材を求める職場は数多くあります。それでは、未経験者が独学でPHPエンジニアになるにはどうすれば良いのでしょうか。順に見て行きましょう。

独学でプログラマデビューするならPHPがお勧め

エンジニアの専門分野は多岐にわたります。IT系のエンジニアに絞り込んだとしても、ハード系やソフト系など、異なる領域に二分されてしまうため、目標とするべき分野を探し出すことさえ困難なのです。しかし、一般的にコンピューター関連のエンジニアと言われてイメージするものはプログラマであることがほとんどでしょう。

そうすると次に問題になるのが「どのプログラミング言語を習得するべきなのか」「就職に有利な言語は何か」「自分は何を作るプログラマになりたいのだろう」という疑問に直面するはずです。結論から言えば、プログラマへの入り口として、独学者が習得し易く、なおかつ求人が豊富である分野と言えば、Web制作関連業務になります。

もちろん、Web制作会社に入社するだけではなく、独自にWeb担当部署を設けている企業も存在するため、エンジニアとしての立場は現場によって異なります。

また、ホームページと言ってもHTMLやCSSのみで構築されたシンプルなサイトを企業で使うことはほとんどありません。自社の商品を販売しているのであれば買い物かごが必要ですし、お客様からの問い合わせフォームやスライドショー機能を実装したページなど、Webプログラミングの知識を必要とする場面も多くあります。そこで求められる存在こそがWebプログラマなのです。

その中でも使用言語としてほとんどの企業で採用されているものがPHPという言語です。先に挙げた買い物かごや問い合わせフォームの他にも、掲示板の構築や簡単なWebアプリの開発など、やるべき仕事は豊富にあります。PHPという言語が、一度習得してしまえば大きな強みとして就職に活かせるスキルであることが理解できるかと思います。

PHPの習得は難しい?

未知の分野を独学で習得しようとしたときは誰でも不安を感じるものです。確かに、プログラミングというものがまったくの未経験であれば最初のうちは理解が難しいと感じるところもあるかと思います。特に関数やクラスなどは、コードの意味を読み取る時点で混乱してしまうこともあるでしょう。

一つアドバイスすると、最初のうちは参考書の内容に頭を悩ませるよりも、まずはコードを書き写して体で覚えることに専念するようにしてください。同じコードを何十回と書いているうちに自然と指が動かせるようになり、コードの意味するところも全体像を学習した頃には理解できるようになっています。

PHPの学習が上手くいった後であれば、同様の方法を他の言語、例えばJavaやCなどで使ってみるのもありでしょう。しかし、それらの言語はPHPよりも高度であるため、習得にはさらに多くの時間を必要とします。

また、JavaやCを使うエンジニアの募集は経験者がほとんどであるため、独学で習得した人がいきなり就職するのは困難です。そういった意味からも、Web開発分野で需要の多いPHPを学ぶことは有益かつプログラマへの一番の近道であると言えるのです。

PHPを学んでエンジニアの仲間入りを果たそう

PHPがプログラミング初心者や独学者にとって最適な言語であることが理解できたでしょうか。是非プログラマへの入り口としてマスターしてください。もし独学に限界を感じたときにはスクールに通うという手段もあります。専門の指導者から学ぶことで、実際の業務に近いスキルを習得できることもあるのです。最後まで諦めることなく、エンジニアへの夢を実現しましょう。