PHPエンジニアが正社員に転職するには?

PHPエンジニアの転職

PHPは小~中規模の開発であれば、Javaを使うよりも簡単に開発を行うことが出来ます。WebアプリケーションやWebサイトの需要は増える一方で、PHPは難易度もそれほど高くない言語なので、PHPエンジニアとして働いている人は多数います。

ただ、エンジニアはどの言語を扱っていても、特定社員扱いであることが多いです。そこで、正社員へ転職するにはどうすれば良いのでしょうか。

PHPエンジニアの需要は増える一方

PHPでできることを挙げていくと、「Webサイトの構築」「Webアプリケーション開発」「社内管理システム開発」などといったものが挙げられます。スクリプト言語と呼ばれる比較的難易度が低い言語であり、プログラミング初心者でも気軽に学べるのがPHPの特徴です。

日本ではどのような職種においてもITに対応していないと置いていかれると言われるように、ITに関する知識・技術は必須と言える時代になっています。そのため、WebサイトやWebアプリケーションの開発が出来る人材はかなり重要であり、PHPエンジニアの需要は減るどころか増える一方と言えるでしょう。

エンジニアが特定派遣から正社員になるには

PHPエンジニアに限らず、エンジニアは特定派遣という雇用形態で会社から雇用されて、客先常駐という形式で仕事をしている人が多いです。ただ、特定派遣はいつ仕事がなくなってしまうのかわからないので、正社員として安定して働きたいですよね。PHPエンジニアが正社員へ転職するにはどのような技術が必要なのでしょうか。

一般的に企業が募集しているPHPエンジニアの正社員の求人は「自社サイトの開発・運用関連業務全般」と記載されていることが多いです。そのため、Webサイトを構築するために必要は、HTML/CSSをはじめとするWebサイトの見た目をつくる言語や、顧客情報を管理するためのRuby on Rails、MySQLなど、様々な言語に関する知識が要求されます。

このように、PHPエンジニアとして正社員扱いで働きたいのであれば、PHP以外の言語においても詳しい知識を持っていないと難しいです。

Webサイトの開発の場合は上記の言語に関する知識が必要ですが、Web系システム開発を行うとなると、また学ぶ必要のある言語は変わってきます。基本的にWeb系システムの正社員求人は、LAMP環境(Linux+Apache+MySQL+PHP)に関する知識があることが前提です。そのため、プログラミングだけでなく、仮想マシンや、ネットワークに関する知識も必要になってきます。

Webサイトの構築、Web系システム開発どちらを選ぶにしても、PHPで正社員へ転職したいと考えているのであれば、幅広い言語に関する知識が要求されると言えるでしょう。

PHPのフレームワークにも要注意!

PHPで開発をするとなると使用するフレームワークはCakePHPであることが多く、書店でもCakePHPに関する本が圧倒的に多いのではないでしょうか。しかし、もちろんCakePHPの需要は高いのですが、それ以外のフレームワーク(CodeIgniter、FuelPHPなど)の需要も高いので、様々なフレームワークに対応できる技術・知識が必要です。

また、フレームワークに関しては、フロントエンドかサーバーサイドかでも使用するものが異なります。そのため、どちらにも対応することが出来るようにフロントエンドとサーバーサイド用のフレームワークを最低でもそれぞれ1つずつ学んでおくのが良いと言えるでしょう。

PHPエンジニアが転職するには幅広い知識が必要!

PHPエンジニアが転職をする場合、正社員となるにはPHPを使った開発業務を任されるのではなく、PHPを含む様々な言語を使った開発業務が任されます。そのため、PHPエンジニアとして安定して仕事をしたいのであれば、PHPに限らず様々なWebシステムやWebアプリケーションに関連した言語を学ぶ必要があると言えるでしょう。