在宅でPHPエンジニアとして働くために必要なスキルとは?

PHPのスキル・知識

PHPはプログラミング言語の中でも比較的簡単で初心者向けです。それでありながら、マスターできれば、HTMLと組み合わせて使えるといった拡張性にも優れています。PHPエンジニアは、プロジェクトによっては、在宅でできる仕事もあります。

ここでは、PHPエンジニアとして在宅で働くための必要なスキルについてまとめてみました。

PHPエンジニアとして経験を積もう

PHPでプログラミング言語の記述ができれば、ウェブサイトやアプリの開発をすることはできます。PHPエンジニアとしての主な作業は、プログラムの開発です。

プログラミングの作業は、パソコンさえあれば可能となっているため、在宅で簡単にできると思っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、技術的には在宅で問題なく作業ができます。しかし在宅で仕事をするためには、信頼できるだけの実績が不可欠です。実務経験がゼロの状態から、在宅で仕事を獲得しようとしても、なかなかうまくいかないでしょう。

そこで大切なのが、PHPエンジニアとしての経験です。「営業の仕方」「プロジェクトの進め方」「納品後のフォロー」など、プログラミング以外の仕組みを知ることも大切です。

一般企業に勤めたり、PHPエンジニアとして活躍している人に師事したりするなど、IT業界について学び経験を積むことが重要なポイントとなっています。

積極的に案件を取りに行こう

PHPエンジニアとして1年以上働くことができれば、基本的なスキルは身に付くはずです。IT市場についての知識が身に付いたら、タイミングを見計らって、在宅ワークの案件に挑戦してみましょう。現代はクラウドソーシングでも、webサイトの作成やアプリの開発といった依頼が多数募集されています。こういった案件を積極的に取りに行くことも可能です。

はじめから高利益を追求するのではなく、まずは単価を気にせず、在宅での実績作りを意識して取り組んでみましょう。

また、プロジェクトによってはオフィスでの作業がメインで、週に数回在宅ワークが認められるものもあります。在宅ワーカーとしての実績や信頼が少ないうちは、こういった顔を合わせてコミュニケーションも取るタイプの案件もオススメです。

一度顔を合わせることで、企業や個人との人脈を広げることにつながります。

在宅ワークを軌道に乗せよう

顔の見えない在宅ワークの仕事を成功させるためには、個人の実績を積み、相手に信頼してもらうことが重要です。そのため、はじめから在宅ワークの案件だけに絞るのではなく、幅広い仕事をこなしていきましょう。

単価の安い仕事でも手を抜くことなく、顧客が求める以上の仕上がりを目指します。そうすることで、少しずつ個人としての評価が上がっていくはずです。

また、プロジェクトによっては、マネジャーや複数のエンジニアが関わる案件もあります。こういった案件は、実際の作業に入る前に何度も打ち合わせが必要となるため、面倒だと思うかもしれません。

しかし、何人もの人が関わる仕事は大きな案件が多く、アピールできる実績となりえます。さらに、そこで同業者とのコミュニケーションによる収穫も期待できるでしょう。

在宅ワークにこだわりすぎず幅広い仕事に取り組むことが、結果として在宅ワークを軌道に乗せることにつながるのではないでしょうか。

プロジェクトによって働き方を臨機応変に変えてみよう

在宅での仕事は通勤時間もなく、時間を有効活用できるといったメリットがあります。PHPエンジニアであれば、スキルを活かして在宅での仕事も可能です。

しかし、在宅ワークにこだわりすぎるのではなく、幅広い視野で仕事を進めることが大切といえます。

複数人が関わるプロジェクトや打ち合わせが必要なプロジェクトなどもバランス良くこなすことで、知識を広げ、それを在宅での仕事にも活かしていきましょう。