求められる能力を知ってスキルアップするのが大切なPHPエンジニア

PHPエンジニアのスキル

IT業界でエンジニアとして活躍したいと考えたときにPHPのスキルセットを手に入れる人は大勢います。Web系で働いていきたい場合に限らず、かなり汎用されるようになったスキルだからです。

しかし、これからずっとPHPエンジニアとして生きていくためには他のエンジニアとの競争に勝ち抜かなければなりません。

企業からどんな能力が求められているのかを確認しておきましょう。

タイムスパンによって求められる能力は異なる

PHPエンジニアに求められている能力は現場によって異なります。企業ごとにどのようなタイムスパンを考えて事業を展開したり、人材を確保したりしているかが異なるからです。

そのため、PHPエンジニアが活躍できる現場を獲得していきたいと考えたら、まずは自分なりの将来プランを考えるのが重要になります。いつ活躍できるようになりたいのかに応じて必要なスキルを身につけていくことが欠かせません。

PHPエンジニアは今まさに必要とされていますが、広い分野で活用されていることから将来的にも需要が高いのは確かです。

しかし、時代の変遷とともに需要のあり方が変わっていくので気をつけなければなりません。

今働ければ良いPHPエンジニアに必要なスキル

今、開発現場で活躍できるようになりたいというPHPエンジニアに求められる能力はパターン認識能力です。ECサイトの設計などのように需要の高いWebプログラミングを短時間で正確に行えるスキルが求められます。

PHPは手軽で開発速度が速い割に汎用性が低くないのがポイントであり、多くのアプリケーションが開発されてきたことから多数の典型的なコードが流通しているのが特徴です。

そのパターンをある程度覚えてしまい、開発が必要になったときには適切に組み合わせてスピーディーに仕上げられることが重要になります。得意とする分野を確立して、そのプログラミングなら誰にも負けないと言えるようにするのが大切です。

短中期で働きたいPHPエンジニアに必要な能力

徐々にPHPよりも汎用性が高いJavaやRubyなどを使ったWebプログラミングが広まってきています。そのトレンドを理解することが短中期で活躍できるようになりたいPHPエンジニアには欠かせません。

システムをPHPベースからJavaなどの他の言語ベースに移行していく傾向があるため、システムの移行を担った上でその維持管理に携わっていくという方針を立てると当面は活躍現場に困ることはないでしょう。

PHPで作り上げられてきたシステムが無数にあり、今もなお運用されているからです。その役割を担うためには将来性の高いWebプログラミング言語を習得することが必要であり、JavaなどをPHPと対照しながら学んでいくのが基本的な方針となります。

長期的にPHPエンジニアで稼ぎたい場合に求められる能力

もっと長いタイムスパンでPHPエンジニアとして活躍したいと考えたらマネジメントスキルを習得して昇進を目指すのが重要です。PHPエンジニアとして現場で開発に携わるとWeb全般に関するノウハウが身に付きます。

その視点に加えて十分なマネジメントスキルがあれば管理職を目指すことも可能です。PHPの抱えている問題も現場で働いているとわかるものであり、解決策を現場に提案しながらプロジェクトマネージャーとして働いていくと大きな成功を遂げられると期待できます。

短期的には現場経験を積むことを重視し、長期的には昇進を目指すという方針でスキルアップを図っていくのが賢明です。ITの現場ではマネジメントスキルのあるエンジニアが不足しているため、突出したスキルがあればスカウトを受けられる可能性もあります。

将来プランを考えてスキルアップするのが大切

PHPエンジニアは中長期的にも必要とされるものの、持っているスキルセットによっていつ活躍できるかが異なります。将来プランを考えてスキルアップの方向性を考えることが大切です。

数年後までを見据えるか、さらにその先での活躍を目指すかによって企業に求められているものは異なるので、自分なりのスキルアップの方向性を決めましょう。